講座スケジュール

講座スケジュール

■札幌市 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
▼▼2017年4月スタート▼▼

カバラの生命の木―タロットと占星術との対応でセフィラーとパスを学ぶ
札幌市
占いゼミテレーマ(札幌教室)
2017年 4/8、4/9、5/13、5/14
土・日曜 14:00〜17:00(全4回)

詳細はこちら
「カバラ」ないしは「生命の木」といった言葉をご存知でしょうか。どこかで聞いたことがある、あるいは興味があるけど今一つ分からないと思われている方は、ぜひ本講座にご参加ください。4回で「生命の木」の全体としての構造から、32の「セフィラー」と「パス」の意味についても一つ一つ分かりやすく説明していきます。
特に今回は、19世紀末から20世紀初頭にタロットや心理学との関連の中で発展していったマジカル・カバラを解説します。「ウェイト版」や「トート・タロット」のような有名なタロットのカードの持つ意味をより深く知りたい、熱心なタロット・ファンの方も、ぜひご参加ください。
■仙台市 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
 
「4月以降開講予定あり」

■東京都・さいたま市・川越市・横浜市 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
 
「4月以降開講予定あり」

■名古屋市 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
▼▼2017年4月スタート▼▼

ウェイト版(ライダー版)タロットのコートカードを学ぶ
名古屋市
占いゼミテレーマ(名古屋教室)
2017年 4/10
月曜 13:00〜16:00(全1回)

詳細はこちら
ウェイト=スミス・タロットの小アルカナのコート・カードをわかりやすく解説します。それぞれの絵に描かれている人物の性質を丁寧に解説します。
今回は作者であるアーサー・エドワード・ウェイトが所属していたイギリスの「黄金の夜明け団」の内部文書『Tの書』を参照し、16枚のコート・カードを占星術との対応も紹介します。 コート・カードの一枚一枚の絵が描かれる基になった原理を学ぶことで、個々のカードの性格を深く理解していくことを目指します。
▼▼2017年2月スタート▼▼

【新規スタート】基本から本格的に学べるタロット――占い方からカードの絵の意味まで
名古屋市:栄
NHK文化センター(名古屋教室)
2017年 2/6、3/6
月曜 19:00〜20:30(全2回)

詳細はこちら
タロット・カードのそれぞれの絵の詳しい説明から実際の占い方まで、タロット占いができるようになるまでに必要なすべてのことを楽しく学べます。単にカードの「意味」を覚えるやり方とはまったく違う、絵を「直観」し「イメージ」する感性が開かれていくための方法を解説していきます。今回は「大アルカナ」と呼ばれる22枚のカードの絵を取り上げ、詳しい絵の世界観についても一枚一枚丁寧に解説していきます。
まったくの初心者はもちろんのこと、すでに本を読んで勉強したことがある人や教室で習ったことがある人、すでにタロット歴の長い人も、驚くべき未知のタロットの世界が開かれていくはずです。
▼▼2017年2月スタート▼▼

もっと知りたい西洋占星術―伝統的な未来予測法(プロフェクション)を学ぶ
名古屋市
占いゼミテレーマ(名古屋教室)
2017年 2/5
日曜 14:00〜18:00(全1回)

詳細はこちら
本格的な西洋占星術を基礎から学べます。今回は「プロフェクション」として知られる伝統的な占星術の未来予測法を紹介します。プロフェクションは、すでにヘレニズム期の頃から、占星術家たちによって広く用いられていたものですが、初心者でも非常にシンプルな手続きで未来の星の影響を知ることができます。本セミナーの中では、参加者の方それぞれのホロスコープ(星の配置図)を基に、実際に未来を予測してみます。すでに西洋占星術に詳しい方はもちろんですが、まったく初めての方でも参加できます。セミナー終了後には、初心者の方でも西洋占星術の基本を身に着けることができるはずです。
▼▼2017年2月スタート▼▼

はじめてのカバラ「生命の木」
名古屋市
占いゼミテレーマ(名古屋教室)
2017年 2/6、3/6
月曜 13:30〜15:30(全2回)

詳細はこちら
「カバラ」ないしは「生命の木」といった言葉をご存知でしょうか。どこかで聞いたことがある、あるいは興味があるけど今一つ分からないと思われている方は、ぜひ本講座にご参加ください。2回でカバラの生命の木の基本を学ぶことができます。特に今回は、19世紀末から20世紀初頭にタロットや心理学との関連の中で発展していったマジカル・カバラを解説します。また、「ウェイト版」や「トート・タロット」のような現代の有名なタロットのデザインには、カバラの生命の木と関連させられたシンボルが取り入れられています。すでにタロットに詳しい方でも、生命の木を学ぶことで、これまで見えてこなかったタロットの新たな姿を再発見できるはずです。
▼▼2017年3月スタート▼▼

もっと知りたい西洋占星術―10天体(惑星)を学ぶ
名古屋市
占いゼミテレーマ(名古屋教室)

2017年 3/5
日曜 13:00〜18:00(全1回)

詳細はこちら

西洋占星術の初心者を対象にホロスコープの読み方の基礎を分かりやすく解説します。今回は「現代占星術」(伝統的占星術ではなく)の最も重要な要素である10惑星(天体)を取り上げます。10惑星のそもそもの意味がなんであるのか、その基になっている考え方からしっかりと解説します。占星術を本などで学んでみたけれども、実際にホロスコープを解釈する際に少しまだ自信がないという人にとってもぴったりです。特に今回は現代の心理学的なアプローチの占星術(心理占星術)で惑星がどのように理論化されているのかを解説します。20世紀に発展した精神分析、さらにはヒューマニスティック心理学やトランスパーソナル心理学の影響の下、占星術がどのように心理学化されたかについてもわかりやすく解説します。まったくの初心者の方もどうぞご参加ください。
■大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・滋賀県 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
▼▼2017年4月スタート▼▼

1回で西洋占星術の基礎を身に着ける――現代占星術と伝統的占星術を比較しながらホロスコープの解釈の方法を学ぶ
滋賀県:大津市
2017年 4/15
土曜 13:00〜17:00(全1回)

詳細はこちら
本格的な西洋占星術の基礎となる知識が一回で学べます。参加者全員の出生の時の星の配置(ホロスコープ)を基に、性格や運命の基本パターンの読み方を解説します。まったく初心者の方でも西洋占星術を学ぶための基礎のすべてが理解できるはずです。今回は特に現代占星術と伝統的な占星術を比較しながら、チャートの解釈の手順をしっかりと学ぶことができますので、すでに西洋占星術に詳しい方も、ぜひご参加ください。
▼▼2017年3月スタート▼▼

タロット・小アルカナを学ぶ――数と4つの元素の象徴体系に基づき小アルカナの理解を深める
大阪市:梅田
2017年 3/29、4/5、5/10、5/24
水曜 13:30〜15:30(全4回)

詳細はこちら
一般的に難しいと考えられがちなタロットの小アルカナを、分かりやすく、かつ詳細に解説していきます。
カードの意味の丸暗記ではなく、タロット全体を統合する理論に含まれる「数」と4つの「元素」の象徴的な意味をベースにしながら、丁寧に解説していきます。
初心者からすでに詳しい方まで、カード一枚一枚をしっかりと理解することができます。
▼▼2017年2月スタート▼▼

タロットとカバラの「生命の木」――セフィラーとパスの意味を理解する
大阪市:天王寺

2017年 2/17、3/3、3/17、3/31
金曜 13:30〜15:30(全4回)

詳細はこちら

19世紀後半、タロットはカバラの「生命の木」という図式との間に対応関係が形作られました。それによってタロットの一枚一枚のカードに新たな解釈が生みだされました。その結果として誕生したウェイト版やトート・タロットなどのタロットは、生命の木を学ぶことなくして、そのデザインに使われている様々なモチーフの象徴的意味を学んでいくことは欠かすことができません。本講座では、まず近代の「マジカル・カバラ」とも呼ばれるシステムの中で、いかにしてタロットが生命の木及び占星術と結び付けられ、どのように新たなタロットの伝統が作られることになったかを解説します。さらに、そもそもカバラとは何であるかを簡潔に解説した上で、「生命の木」の全体としての構造から、32の「セフィラー」と「パス」の意味についても一つ一つ分かりやすく説明していきます。「ウェイト版」や「トート・タロット」のような有名なタロットのカードの持つ意味をより深い知りたい熱心なタロット・ファンの方も、ぜひご参加ください。
▼▼2017年2月スタート▼▼

1回でわかる西洋占星術――ホロスコープの読み方を学び自分を知る
大阪市:梅田
NHK文化センター(梅田教室)
2017年 2/7
火曜 19:00〜20:30(全1回)

詳細はこちら
本格的な西洋占星術の基礎が1回で学べます。
参加者全員の出生時の星の配置(ホロスコープ)を基に、性格や運命の基本パターンの読み方を解説します。
12星座、10惑星、アスペクト、ハウスが何を意味しているのかも、わかりやすく説明していきますので、全く初めての方でも西洋占星術とは何かがご理解いただけるはずです。これから始めたい方も、すでに西洋占星術に詳しい方も、是非ご参加ください。
特に今回は、19世紀末以降の「現代の占星術」と17世紀までの「伝統的な占星術」を対比しながら、双方の違いとそれぞれの特徴についても見ていきますので、すでに西洋占星術を学んだことがある方でも楽しんでいただけることと思います。
▼▼2017年2月スタート▼▼

RVタロットサンプルリーディング
大阪市
アルカノン・セミナーズ大阪校
2017年 2/26
日曜 14:00〜15:30(全1回)

詳細はこちら
大アルカナは22枚から構成されています。
22枚のカードがあるということは、22通りの視点(ものの見方)があるということになります。
伊泉龍一が授業でよく使う22枚の配列は、それぞれのカードの視点やイメージを理解するのに大変効率の良い配置で並べられており、類似点や相違点が非常にわかりやすい形で示されています。
今回の講座では、サンプル・リーディングを通じて、そのことを実際に体感していただきたいと思います。
今まで学んだ知識や情報が整理されていくとともに、カードの世界観がより深まることになるでしょう。
一通りタロットを学んだものの「解釈に自信が持てない」と思っている方や、更にカードの理解を深めたいと考えている人にはオススメの講座です。
またこれから学びたいという人にも、タロットの魅力に触れるまたとない機会になりますので、ぜひともご参加下さい。
▼▼2017年4月スタート▼▼

RVタロット・大アルカナ集中
大阪市
アルカノン・セミナーズ大阪校
2017年 4/1、4/2、6/3、6/4
土・日曜 14:00〜17:00(全4回)

詳細はこちら
タロット大アルカナ22枚、一枚一枚の絵の詳しい解説から、具体的な占い方、リーディングのメソッドまでを完全に網羅した内容です。
まったくの初心者の方でも、全4回で、タロットに必要なイマジネーションがどのようなものであるかを体験し、実際の占いが出来るようになることを目指します。すでにタロットに熟練している方やプロの方ですら、本講座を通して、新たなステップを踏み出すことができるはずです。
特にカードの占い上の「意味」を覚えるやり方ではなく、カードそのもののパースペクティヴから世界を眺め、周囲の世界そのものをイメージ化するための段階を踏んだエクササイズを体験することで、直観とは何か、インスピレーションとは何か、その本質を理解するに至ることでしょう。
本を読んでタロットを学んだ人も、すでに教室でタロットをマスターしたと思っている方も、ぜひ一度、本講座における「リヴィジョン」を体験してみてください。「カードの解釈が難しい」、あるいは「うまくリーディングできないときがある」などといったタロット占いで直面する謎も、すべてすっきりと解決できます。そしてその先には、これまで想像することもできなかったタロットのイマジナルな世界が目の前に開けてくることが、はっきりと実感できるはずです。
▼▼2017年2月スタート▼▼

一回で学ぶタロット占い――占い方からリーディングの極意まで
京都市:烏丸
NHK文化センター(京都教室)
2017年 2/14
火曜 19:00〜20:30(全1回)

詳細はこちら
タロット・カードの全てを一回に凝縮して紹介します。占い方から本格的なタロット・リーディングの方法を学べます。
カードの絵を直観し、イメージ化し、言葉にしていくプロセスを体験することで、タロットへの感性が開かれていくことを強く実感できるはずです。
どなたでも分かるように丁寧に解説しますので、気になるけど、まだトライしたことがないという方は、ぜひ本講座でタロットの面白さを体験してみて下さい。
また、一般的に知られているものとは異なる伝統的な占い方も紹介しますので、すでにタロットに熟練している方やプロの方も、どうぞご参加下さい。
これまで全く想像もしなかった新たなタロットの世界が開けてくるはずです。
▼▼2017年3月スタート▼▼

一回で学ぶ西洋占星術−−ホロスコープの読み方を学び自分を知る
京都市:烏丸
NHK文化センター(京都教室)
2017年 3/14
火曜 19:00〜20:30(全1回)

詳細はこちら
本格的な西洋占星術の基礎が一回で学べます。参加者全員の出生の時の星の配置(ホロスコープ)を基に、性格や運命の基本パターンの読み方を解説します。12星座、10惑星、アスペクト、ハウスが何を意味しているのかも、若入りやすく説明していきますので、まったくはじめての方でも西洋占星術とはなにかがご理解いただけるはずです。すでに西洋占星術に詳しい方も、西洋占星術をこれからはじめてみたいと思っている人は、ぜひご参加ください。
▼▼2017年2月スタート▼▼

西洋占星術で見る2017年のあなた――プロフェクション入門
大阪市:京橋
NHK文化センター(京橋教室)
2017年 2/8、3/8
第2水曜 19:00〜20:30(全2回)

詳細はこちら
西洋占星術で2017年の自分を占ってみましょう。今回は「プロフェクション」と呼ばれるヘレニズム期の頃から用いられていた伝統的な未来予測法を使って、参加者全員が各自の出生のチャートを基に「時の主」となる天体を見つけ出します。それによって、これから一年がどんな年になるかを予測してみます。初心者の方でも、占星術がどのようなやり方で未来を予測しているのか、その基本が理解できるようになるはずです。また、すでに占星術に詳しい方のために、トランジットやプログレスのような現代占星術との違いについても解説していきます。
▼▼2017年3月スタート▼▼

はじめてのトート・タロット
京都市
占いゼミテレーマ(京都教室)

2017年 3/11
土曜 14:00〜18:00(全1回)

詳細はこちら
トート・タロットについての入門クラスです。トート・タロットとは、二十世紀のイギリスで最も有名なオカルティスト、アレイスター・クロウリーによって考案され、画家レディ・フリーダ・ハリスによって描かれたタロットです。タロット史上、最高傑作のひとつとも評価されている美しい絵は、クロウリーの魔術的世界観を表現すべく採用された様々な神話・伝承のモチーフや秘教的なシンボルのコラージュとフリーダ・ハリスによって採用された射影幾何学的な描画の組み合わせによって出来上がった他に類をみない独特のデザインとなっています。また、クロウリー自身が宣言した「新たな時代(ホルスの時代)」の到来に合わせる形で、個々のカードの主題も伝統的なタロットとは大きく一線を画すものともなっています。
今回は非常に難解ともされているトート・タロットを、その成立の歴史的な背景、及び近代の魔術的カバラの生命の木や占星術との関係を参照しながら、そもそも「トート・タロット」とはなんなのかを解説してみたいと思います。
▼▼2017年2月スタート▼▼

1回で基礎が分かる西洋占星術――現代占星術と伝統的占星術を比較しながらホロスコープの解釈の方法を学ぶ

奈良市

2017年 2/11
土曜 15:00〜18:00(全1回)
詳細はこちら
本格的な西洋占星術の基礎が一回で学べます。参加者全員の出生の時の星の配置(ホロスコープ)を基に、性格や運命の基本パターンの読み方を解説します。12星座、10惑星、アスペクト、ハウスが何を意味しているのかも、分かりやすく説明していきますので、まったくはじめての方でも西洋占星術とはなにかがご理解いただけるはずです。すでに西洋占星術に詳しい方も、西洋占星術をこれからはじめてみたいと思っている人も、ぜひご参加ください。今回は特に現代占星術と伝統的な占星術を比較しながら、チャートの解釈の手順をしっかりと学ぶことができます。
■広島市 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
 
「4月以降開講予定あり」

■福岡市・北九州市・大分市 開催講座:
講座名 開催場所 開催日・曜日・時間
▼▼2017年2月スタート▼▼

タロット(ウェイト版)のコート・カードを学ぶ
福岡市:博多
2017年 2/19
日曜 14:00〜18:00(全1回)

詳細はこちら
ウェイト=スミス・タロットの小アルカナのコート・カードをわかりやすく解説します。今回は作者であるアーサー・エドワード・ウェイトが所属していたイギリスの「黄金の夜明け団」の内部文書『Tの書』を参照していきます。それによって16枚のコート・カードを占星術との対応も紹介します。コート・カードの一枚一枚の絵が描かれる基になった原理を学ぶことで、個々のカードの性格を深く理解していくことを目指します。
▼▼2017年2月スタート▼▼

占星術のホロスコープの読み方
福岡市:天神
2017年 2/20、3/20
月曜 19:10〜20:40(全2回)

詳細はこちら
占星術のホロスコープの読み方を具体的に丁寧に解説します。今回は参加者のホロスコープを例にすることで、伝統的占星術の技法を用いた具体的な解釈の手順をしっかりと解説していきます。シグニフィケーターを見つけ、ディスポジターをチェックし、ハウスを考慮し、アスペクトを分析するといった基本的なホロスコープの解釈の流れを、できるだけ数多くの実例を基に分析していきます。
▼▼2017年3月スタート▼▼

タロット(ウェイト版)の大アルカナを深く学ぶ
福岡市:天神

2017年 3/19、5/21、6/18
日曜 14:00〜16:00(全1回)

詳細はこちら

日本でも最もポピュラーなタロットと言えば、「ウェイト版(ライダー版)」です。非常に魅力的デザインであるため、初心者向けとされがちなウェイト版ですが、実はそのカードの一つ一つのモチーフには、グノーシス主義、カバラ、マルティニズム、錬金術、占星術などの影響を受けた作者であるアーサー・E・ウェイトの神秘思想が、非常に緻密に計算されて込められています。
本講座では、「ウェイト版」のシンボリズム解釈の序論として、1910年に出版された作者自身による解説書『タロットへの鍵(Key to the Tarot)』を手掛かりにしながら、一般的なタロットの入門書では語られることのない、そこに秘められた意味を浮き彫りにしていきたいと思います。『タロットへの鍵』を日本語訳し、注を付したテキストをお配りしますので、すでに 「ウェイト版」をお使いの詳しい方から、プロフェッショナルの方まで、どうぞご参加ください。原典に記されたウェイト自身の言葉を理解していく内に、これまで思いもしなかった「ウェイト版」に秘められた深い意味を実感していただけることと思います。
▼▼2017年3月スタート▼▼

西洋占星術と神智学――エソテリック占星術入門
福岡市:天神
2017年 3/19、5/21、6/18
日曜 16:30〜18:30(全3回)

詳細はこちら
今日の西洋占星術のひとつの大きな流れは、「未来を予言する」という意味での「占い」を超えて、その可能性を心理学的な領域へと広げていっているようです。では、そうした意味での占星術は、いったいどこから来たものなのでしょうか? 今回はその由来を求めて、現代占星術の父ともいうべき占星術家アラン・レオ(1860-1917)という人物に光を当てていきます。実際、現代のわたしたちが知っていた占星術におけるホロスコープの解釈の方法の基礎の多くは、アラン・レオの占星術に端を発しています。「エソテリック占星術」と自ら呼んだ彼の占星術は、長きに渡って続いてきた占星術の伝統へと完全に背を向け、19世紀末のオカルティズムの世界の中で、もっとも大きな影響力を持っていた人物の一人であるヘレナ・P・ブラヴァツキー(1831-1891)の神智学の教義と占星術の象徴体系を一致させる努力の中で誕生したものです。また、それは後の「心理占星術」とも呼ばれる心理学化された占星術へと続いていく最初の動因とも言えるものとなりました。
本講座では、「予言としての占い」に異議を唱えた現代占星術の誕生の原点にあえて立ち返ることで、その思想や理論の持つ意味を改めて見直してみたいと思います。
第1回:西洋占星術と神智学――エソテリック占星術入門
第2回:占星術の神智学化は、占星術の世界に何をもたらしたのか?
第3回:アラン・レオによるホロスコープの読み方
▼▼2017年5月スタート▼▼

西洋占星術の「アスペクト」を学ぶ
福岡市:天神
2017年 5/22、6/19、9/3
月曜 19:10〜20:40(全3回)

詳細はこちら
参加者全員の出生時の星の配置図(ホロスコープ)を作成し、それを分析する様々な技法を紹介します。今回は「アスペクト」という考え方を詳しく説明するとともに、それをもとに惑星同士の関係が、その人の性格、才能、運命などに、どのような影響を及ぼすと考えられていたかを説明していきます。そもそも、それぞれのアスペクトがどうしてそう意味を持っているのかという背景にある考え方から説明しますので、アスペクトを学び直して見たい方も、ぜひご参加ください。一般的にアスペクトと言えば、120度は「調和」、180度は「緊張」といった意味をただ暗記することが多いようですが、伝統的な占星術における「サイン同士のアスペクト」の考え方を知ることで、それぞれのアスペクトが持っている本来の意味を理解していきます。ヘレニズム期の占星術での天体同士の「見る・見られる関係」に注目していきます。
▼▼2017年2月スタート▼▼

基本から本格的に学べるタロット――占い方からカードの絵の意味まで
福岡県:福岡市
2017年 2/20、3/20
月曜 13:30〜15:30(全2回)

詳細はこちら
タロット・カードのそれぞれの絵の詳しい説明から実際の占い方まで、タロット占いができるようになるまでに必要なすべてのことを楽しく学べます。単にカードの「意味」を覚えるやり方とはまったく違う、絵を「直観」し「イメージ」する感性が開かれていくための方法を解説していきます。まったくの初心者はもちろんのこと、すでに本を読んで勉強したことがある人や教室で習ったことがある人、すでにタロット歴の長い人も、驚くべき未知のタロットの世界が開かれていくはずです。今回は「大アルカナ」と呼ばれる22枚のカードの絵を取り上げ、詳しい絵の世界観についても一枚一枚丁寧に解説していきます。



伊泉龍一 講座スケジュール
PR
駒草出版 本格的に占いを学べる伊泉龍一の本 絶賛発売中!

ラブ・マジック・ブック
ラブ・マジック・ブック

恋を叶えるおまじないレシピ
ジリアン・ケンプ著 
伊泉龍一訳

ページトップへ