西洋手相術

手相術とは5 手の占い(1)

手の占い(1)―メジャー・ラインについて

■メジャー・ライン

これまでは手、指、手のひらの形に注目し、その人の気質、性格、才能などを判断するカイロノミーについて説明してきました。ここからはその人の未来は運命を見抜くカイロマンシーについて解説していきます。

カイロマンシーでまず重要となるのは、手のラインです。最初にここでは、「メジャー・ライン」と呼ばれる、以下の4つの基本ラインを紹介しておきます。

■ラインの良し悪し

ところで、近代の手相術を確立させたとも言うべきウィリアム・G・ベンハムの『パーミストリーの書』では、ラインをエネルギーの流れの通り道であると説明しています。ベンハムによれば、ラインの状態はエネルギーの流れがスムーズであるかどうかを示している。したがって、切れ目のないはっきりとした強いラインは、豊富なエネルギーの流通を可能にするけれども、その一方、切れ切れの弱いラインは、エネルギーの流れがスムーズに流れていくことができないことを意味しているといったことが述べられています。すなわち、ラインの良し悪しを判断する基本は、まずそのラインがしっかりときれいに描かれているかどうかという点に求められます。

■ラインによる時期の判断

また、ラインによって、ものごとの起こる時期を判断する方法もあります。

ラインによる時期の判断

ライン全体を3つに分け、最初の3分の1までの辺りが子ども時代、次の3分の1が青年時代、最後の3分の1が成熟時代を示すというのが、概ね一般的です。

■メジャー・ラインのそれぞれの意味

では、メジャー・ラインそれぞれの持つ意味について、簡単に紹介しておきましょう。

ライフ・ライン
① ライフ・ライン

ライフ・ラインは、日本ではしばしば「生命線」という名前で親しまれているラインです。

ライフ・ラインのはじまりは、一般的に人差し指と親指の間の手のひらの端辺りからはじまります。そして、ヴィーナスの丘のまわりをカーブし、手のひらの付け根の近く辺りで終わります。

ライフ・ラインが意味するとされているのは、人生の中の大きな出来事です。また、ヴァイタリティや持久力なども示します。

ちなみに、かつてはライフ・ラインの長さが、寿命の長さを表すという解釈もありましたが、今日の手相術ではあまり一般的なものではなくなっています。

ハート・ライン
② ハート・ライン

ハート・ラインは、日本ではしばしば「感情線」という名前で親しまれているラインです。

ハート・ラインは、小指の下をはじまりとし、手のひらを人差し指の近くへ向かって手のひらを横切って終わるのが一般的です。

ハート・ラインが意味するとされているのは、主に感情の状態です。また、その人が、いかに他者との間に、愛情関係を作っていくかを表すとも言われています。

ヘッド・ライン
③ ヘッド・ライン

ヘッド・ラインは、日本ではしばしば「知能線」、あるいは「頭脳線」という名前で親しまれています。

ヘッド・ラインは、一般的にジュピターの丘の下の辺りをはじまりとして、ハート・ラインの下の手のひらを横切って終わります

ヘッド・ラインは、日本での「知能線」、あるいは「頭脳線」という名称から、知性の優劣を示すものと誤解されることがしばしばあるようです。しかしながら、一般的にヘッド・ラインは、知的関心の方向性、知性の使い方、ものごとに対する考え方や判断の仕方などを示すと言われています。

シミアン・ライン
※シミアン・ライン(The Simian Line)について

ところで、ハート・ラインとヘッド・ラインの代わりに、手のひらを横断する一本のラインを、日本の手相術の本ではしばしば「ますかけ線」と呼び、非常に良い意味が与えられているようです。

しかしながら、昔の西洋の手相術では、こういった形のラインは、「シミアン・ライン(類人猿のライン)」と呼び、実はネガティヴな意味が与えられていました(たとえば、シミアン・ラインは、精神的な発達の遅延のサインであるとか、あるいはダウン症の指標であるなど)。もちろん、これは実際にそうであるということが証明されているわけではありません。また、現代の手相術において、実際にそのように解釈されることはほとんど見られなくなりました。

この形のラインに対しては、いくつかの解釈がありますが、基本的にはハート・ラインとヘッド・ラインそれぞれが、互いに良くも悪くも影響を与えあう可能性がある、と考えられています。

フェイト・ライン
④ フェイト・ライン

フェイト・ラインは、日本ではしばしば「運命線」という名前で親しまれています。

フェイト・ラインは、一般的に手のひらの中央を手首からサターンの指に向かって走っています。

フェイト・ラインは、人生の使命を選び取り、それを全うすることができるかどうかといったことに関係すると言われています。また、伝統的に、長く強いフェイト・ラインは、人生で成功をした人の手に見つけることができるとも言われています。

ちなみに、メジャー・ラインの中で、ライフ・ライン、ハート・ライン、ヘッド・ラインは、たいがいどの人の手のひらにも刻まれていますが、フェイト・ラインはすべての人の手にあるとは限りません。むしろ、その人が自分の運命の道筋をはっきりと自覚し、それに向かって意志しはじめたときに、フェイト・ラインは表れはじめるとも言われています。

「手相術とは4」に戻る 「手相術とは6」に続く

伊泉龍一 講座スケジュール
PR
駒草出版 本格的に占いを学べる伊泉龍一の本 絶賛発売中!

西洋手相術の世界
西洋手相術の世界

西洋手相術の世界 ―
『手』に宿された星々の言葉

伊泉龍一著 ジューン澁澤著

ページトップへ